レーシックコンプリート
レーシックコンプリート
ホーム > 耳鳴り > うつ病からも、めまいや耳鳴りなどの症状を起こす場合がある

うつ病からも、めまいや耳鳴りなどの症状を起こす場合がある

フランスの名医プロスパー・メニエールが、その頃の常識ではめまいの原因は脳卒中だと言われていた中、めまいが内耳から起こることを初めて発表したのですが、そこから、ある種の内耳性のめまいのことはメニエール病と呼ぶようになりました。

 

厚生労働省の特定疾患に指定されている難病になります。メニエール病は薬で治すのが基本ですが、悪心がひどく、薬を飲むことがつらい場合は、症状を抑えるために点滴を使用し、口腔からの薬の治療に変更します。

 

メニエール病はストレスや眠りが浅いなどの原因があり薬は症状を抑える為であると心得て生活リズムの改善が根本治療に繋がります。移動時の乗り物については注意が必要なこともあります。

 

もしも、強いめまい発作になってからさほど日数が経過していない時期にはめまいを起こしてしまう可能性が高いことから、電車やバスなどに揺れはめまいを引き起こすことがあります。

飛行機は揺れが比較的少なくて良いのですが、気圧の変化によってメニエール病の発作の誘発に影響する場合もあります。自分がぬけると先に進まない職種はなかなかできません。いつなんどき発作が起こるか分からない中で、発作が出たら動けないほどになるし、もし会社が懇願が出されたら何も出来ません。

 

なるということが、容易に考えられ自分にしか出来ない仕事は引き受けないようにしょう。

メニエール病とうつ病は深い関連のある病気になります。

うつ病からも、めまいや耳鳴りなどの症状を起こす場合があります。そのようなめまいは心因性のめまいといわれ、三半規管などの耳の器官の病気により生じるめまいとは区別されていますが、メニエール病との診断を受けて治療をしても回復せず、実際は心因性によるめまいだったという事例も見られます。この疾病は遺伝性では無いことが難病情報センターのサイトでも明確に記述されており、また世界中の研究からも遺伝性を示す情報は上がっていないことから、その点において不安はいらないでしょう。発病は遺伝的要因によるものでは無く、毎日の生活の中に要因となる事柄が存在して内リンパ水腫を引き起こしているのです。発病する人の特徴はお堅い性格でやせ型の人に多く、働きすぎの状態になると発症しやすくなります。

 

 

アレルギー、血流不全、ウイルスや免疫力の低下、ストレスも一因になっています。巷では若い女の人がストレスによりめまいが発症する病気として知られていますが、男盛りの年代や高齢者にも数多く発症しています。内耳の蝸牛の中に水がたまると耳鳴りや難聴、三半規管や耳石器に水がたまった時は、めまいが起こります。両方とも水がたまる事も多くあります。

 

 

 

症状がひどい時にはそれに加えて吐き気・嘔吐・動悸などの症状も一気に現れます。この3種の症状が出る頻度は個人差があり、年中、症状に悩まされる方もいれば365日のうちの数日しか症状が出ない方もいます。メニエール病 サプリメント