レーシックコンプリート
レーシックコンプリート
ホーム > サプリメント > ノコギリヤシの前立腺肥大等の症状緩和効果

ノコギリヤシの前立腺肥大等の症状緩和効果

前立腺炎の治療法ではまだ特効薬はなくて、細菌を特定できれば抗生物質などが投与されます。排尿する時に痛みが出る場合には、その痛みを鎮静させるために鎮痛剤や抗炎症薬などを用います。

 

再発を回避するためにも忍耐強く薬を飲む続けることが必要になります。

 

その人の症状によっては、漢方薬やセルニルトンなどを処方されます。病院で処方される薬にセルニルトンがあります。

 

薬の効能として期待される点は主に3つに分けられます。

1つは炎症を抑える作用です。

前立腺炎は持ちろん、その他の部位にわたる炎症も抑えることが出来ると確認されいます。

 

 

 

2つ目には排尿を促すが挙げられます。

 

 

膀胱の内圧を上昇させることで排尿時に尿を押し出す力を強めます。

 

3つ目としての効果は前立腺肥大を抑える働きです。

前立腺とは膀胱のほぼ真下にあり、前立腺に包まれるように尿道が通っています。男性特有の器官の1つです。前立腺からの分泌液は精液にふくまれ、精子の栄養になります。

 

前立腺は若いうちにはクルミのような大きさをしていますが、年齢に合わせて大聞くなります。前立腺に発症しやすい疾患には、前立腺肥大症・前立腺炎・前立腺癌などです。

 

慢性前立腺炎にかかると、下半身にイロイロな症状が出てきます。トイレの回数が増えたり、残尿感があったり、尿の勢いが乏しくなったり、排尿痛やいつ持とは異なった感じがしたり、陰嚢部の不快感や勃起障害がある際は要注意です。この病気はドクターショッピングに陥りやすい病気ですので、馬が合って話にじっくりと耳を傾けてくれる主治医を捜すことが回復への近道です。摂取量を増やすべき食品とは、前立腺肥大抑制の効果が認められるイソフラボンを有する大豆食品が推薦されます。

それから、前立腺肥大を予防するテストテロンの分泌作用を進めるのが亜鉛です。

亜鉛ミネラルを含有するワカメ、昆布などの海藻類、レバー、牡蠣、木の実類も日々、食べるように心がけましょう。

 

前立腺マッサージでは前立腺の働きは改善され、排尿を促進します。

 

温熱療法とは前立腺を温める療法を示し、前立腺の機能を正常化させる働きに期待が持てます。

 

更にのぼせない程度にゆっくり入浴をして下半身をまん中に温めることは、前立腺やその周囲で生じた症状をゆるやかに改善することが期待できます。

多くの男性は前立腺が、加齢に伴い大聞くなる現象が理解されています。

種族や国に関係なく、中高年過ぎた男性が加齢に伴い増える傾向が見受けられます。

前立線肥大は生理的な加齢による現象とされています。

 

 

 

前立腺肥大となる原因はさまざまと研究されていますが一番大きな原因は男性ホルモンが影響していることがわかっています。前立腺肥大におすすめのサプリメントは、ノコギリヤシとペポカボチャ種子エキスが話題になっています。

 

ノコギリヤシは前立腺肥大等の症状緩和効果があり、医療用として海外で使用されているヤシ科のプラントです。

 

加えて、ペポカボチャの種は、ヨーロッパで従来から泌尿器系に薬効のあるハーブとして利用さてていた植物です。

 

 

医療機関での検査は肛門より指を挿入して行う直腸指診や血液検査・尿検査になります。

 

細菌感染の有無を確認する事により、細菌性前立腺炎または非細菌性前立腺炎に判断されます。

 

 

 

前者後者どちらのケースであっても頻尿であったり残尿感、排尿痛や勃起障害の症状が出る場合もあります。悪化をくい留めるためにも少しでも違和感を覚えたら医療機関での早めの受診を必要とします。

 

最近、男性の日本人立ちの中で前立腺がんが急増した原因は脂肪分、カロリーの多い欧米化された食生活が高確率で関係していると認識されています。その為、食生活に関してがん細胞の養分となり高カロリー、高脂質な食事を回避することが重要です。ノコギリヤシのサプリと前立腺炎の関係はこちら