実写化が激しいことについて

近年は売れてる本、売れてる漫画のほとんどの作品が続々実写化しているように思います。
好きな本や漫画であるほど、思い入れが強く、実写化が受け入れられなかったりします。
昔はすごく嫌悪していました。この役があの人?イメージと全然違う!となったりあの世界観は作れないとか思ったり。
しかし、最近は少しだけ見方が変わりました。
実写化はだいたい批判されるものなので、そのハードルを感じながらも役者さんが一生懸命向かってくれてると考えたり、
違った形として、良い作品を作れたらそれは素晴らしいことだと思うようになりました。
けれど、どうしても売れてるものにとにかく手を出してっていうのは…いただけないです。まあ商売だし、当たり前なのかもしれないのですが、原作の面白さに頼っている気もするので、しっかりと愛情を持って良いものを作ってほしいです。そういう意味ではそういうのに頼らないでも、よいものがかける脚本家さんって本当にすごいなと思います。オリジナルにもなると、知名度とかなきゃ当たるの難しいんですかね。その辺の事情は分からないですが。
実写化ってある程度の集客数が見込めるからとにかく激しいんですかね。こんなに実写化してるのはそういうことなのでしょうか。
世の中の人たちは、実写化に対して好意的なのか否定的なのかまた好評な作品はなんなのか、どの役者さんならこなせるのかそんなことが知りたいなと思いました。首周りにぽつぽつとできるのは、イボの可能性が高いです